カテゴリー:メルマガバックナンバー

●一目で恋に落ちました。

カウンセラーの八馬ゆみです。

昨日、徳島より自宅のある東京へ帰ってきました。

徳島でご縁をいただいた皆様、ありがとうございました^^

さて、昨日、帰宅のために、新宿から乗ったタクシーの運転手さんのお話をさせてください。

羽田空港から新宿まで、リムジンバスを利用して戻りました。

リムジンバスを降りて、スーツケースを引きずりながら、思ったのです。

「ここからは、タクシーに乗りたいなあ…

でも、運転手さんに「後ろのトランク開けて」って声をかけるのが、なんとなく私、申し訳ない気がして、億劫なんだよなあ…」

そう、運転席に座っている人に声をかけて、トランクを開けてもらう、そのひと手間が「なんどなく億劫」「なんとなく罪悪感」なんです、私。

なんだか面倒くさそうにやる運転手さん、多いので…。(被害妄想?)

しかも、羽田からならともかく、新宿からだと、自宅まであんまり走行距離はなく…運転手さんにとって嬉しい客ではないなあ…。

と、ぐだぐだ思っていたら、目の前に飛び込んできたのです。

ぱっかり空いているタクシーのトランクと、その横ですでに立っている待っている運転手さんが…

彼と、目と目が合いました。

すると彼は、うんうん、とうなずいて、まだ10mは離れているのに、手を差し出しながら、スーツケースを受け取るしぐさで、近づいてくるのです。

この人、すごーい!!!

私は、ほかのタクシーには目もくれず、そのタクシーへ吸い寄せられました。

ええ…恋に落ちました(照)

無事スーツケースをトランクに入れてもらい、タクシーに乗り込んで、早速質問!!(あ、私は質問魔です、質問家じゃないです^^;)

私「すごいすごい。いつもああやって、タクシーのトランクを開けて、しかも、外に立って、待ってらっしゃるのですか?」

運「はい、リムジンバスでお帰りの方は、大きい荷物をお持ちですから。

トランクをお使いになる方、多いですし」

私「しかも外に立って、待ってるんですか?」

運「はい、お急ぎの方も多いですから、すぐにお乗りになれるように、スタンバイしてます。

それから、外に立っていれば、お客様とアイコンタクトができます。それも大事です」

私「それって、会社から指導されてやってらっしゃるのですか?」

運「いいえ、自分で考えてやってます」

うーん、すごい!! まるで、高級ホテルのドアマン???

感動しちゃった♪

「全てのビジネスは、相手の問題を解決することで成り立つ」とはよく言います。

この運転手さんは、私が抱えていた、タクシーに関する問題を全てクリアする状態で、スタンバイしていたのです。

トランクを開けて、外に立って待っている…というほんのひと手間。

でも、他の運転手さんたちは、やらない。

少なくても、このとき、他のタクシーで同じことをしている人は、見かけませんでした。

彼がやっているのが、目に入っているはずなのに、やらないのです。

この差が大きい!!

正直、「面倒くさい」の一言で、多くの方が、色んなことをやってません。

読者登録が面倒くさかったり、

ブログにアップする写真の大きさを変えるのが面倒くさかったり

リンクが面倒くさかったり

記事を書くのが面倒くさかったり…ね。

それから、自分のブログタイトルを考え抜くのを放棄していたり

プロフィール名もしかり…

同じサービス業として、カウンセラーにとって、トランクを開けて、外で立って待っているって、どんな感じだと思います?

タクシープールでただ待っている運転手さんじゃなくて、タクシーが必要そうな人のところに行って、トランクを開けて待っている。

「ここにいます」と、わかりやすく、一目で見て、役に立つことを示しながら。

客引きをするんじゃないですよ。

ただ存在していることを、お知らせするだけ。

それをブログでするって、どういうことだろう?

ほんと、社会は学びで満ち溢れてますね。

昨日の運転手さん、ありがとうございました♪

ところで、ブログでまず、何をしなくちゃわからないカウンセラーさんのためにこのDVDをつくりましたよ^^


愛と感謝をこめて。

カウンセラー 八馬ゆみ

 

大好評「人気が出るカウンセラーになる秘密」メルマガ ご登録はこちらから。

名前( 漢字の名字だけでOK) メールアドレス *

●読者様をふんわ~り受け入れる文章を書くコツ(メルマガバックナンバー)

カウンセラーの八馬ゆみです。

何度も書いて恐縮ですが、私は、カウンセリングは人間関係だと思っています。

そして、人間関係の始まりは、まず出会うこと。

私の場合、クライアントさんと出会う場所が「ブログ」。

(私の場合、集客は100%ブログ&メルマガです)

そして、人は、自分を承認し、受け入れてくれる人を信頼するんですね。

信頼してはじめて、その人の話を受け入れるのです。

つまり、ブログ記事をよんで「この人、私を受け入れてくれる」と思っていただくことが大事ですね。

そこで、「受け入れる文章の書き方」の「基本のき」をお伝えします。

それは、えっと、簡単すぎて恥ずかしいのですが、「断定した書き方をやめること」なんです。

たとえば、以下の文章を比べてみてください

1:「~べき思考」を手放さないと、幸せになれません。

2:「~べき思考」を手放すほうが、より幸せになれるように思います。

2の方が、うんと表現が柔らかいでしょう?

この柔らかさが「あ、このカウンセラーさんなら、受け入れてもらえそう」につながるんですね^^

「~べき思考」を手放したほうがいいことは、大抵の人はわかっています。

でも、手放せなくて、苦しんでいるのです。

手放せなくて苦しんでいる人は、1の文章を見ると、余計に苦しいんですね。

だから、そういう書き方のカウンセラーには、カウンセリングを申し込まない可能性があるんです。

「この人は、手放せない私を批判する(受け入れない)に違いない」って考えてしまうんですね。

いかがでしょうか?

「役に立ちそうだ」と思ったら、この方法、ちょっと試してみてくださいませね。

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

無料メルマガ

無料メルマガ「人気がでるカウンセラーになる秘密」ご登録はこちらから

名前(必須)
( 漢字の名字だけでOK)

メールアドレス *(必須)

ブログ内検索

Copyright (C) 2013 人気が出るカウンセラーになる秘密 All Rights Reserved.
Go To Top