●説得はしないで、選択肢を出す

カウンセラーの八馬ゆみです。

カウンセラーとしてはなんとなくすっきりしないのに、クライアント様は、喜んで帰っていくということ、ありませんか?

初期のころ、私はたびたびそういうことがありました。

これって、私が「話し足りない」って思っていたからかな…と、今、思います。

つまり、自分にフォーカスしちゃっているんだと思います。

私の場合、話し足りないくらいで、ちょうどいいみたい。

クライアントさんを「なんとかしたい」とか「この問題を解決しなくちゃ」と思うと、話しすぎてしまいます。

そして、内容が多すぎて、クライアントさんは、受け入れられない可能性が大。

今の私は、選択肢を出すようにしています。

私「方法としてAとBがありますね。

Aをすると、どうなると思います?」

(クライアント様、お答え)

私「そうですね~。

じゃあ、Bをすると、どうなると思います?」

(クライアント様、お答え)

私「ですね~。

どっちをやってみたいですか?

もちろんやらなくてもいいのですが、やらないとどうなると思います?」

という感じですね^^

癒しをお仕事にしたいすべての方を、心より応援しています。

愛と感謝と祈りをこめて。

カウンセラー 八馬ゆみ

もっとたくさんの人に愛される幸せなカウンセラーに!
無料メル★マガ「人気の出るカウンセラーになる講座」


ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

無料メルマガ

無料メルマガ「人気がでるカウンセラーになる秘密」ご登録はこちらから

名前(必須)
( 漢字の名字だけでOK)

メールアドレス *(必須)

ブログ内検索

Copyright (C) 2013 人気が出るカウンセラーになる秘密 All Rights Reserved.
Go To Top