●私が、カウンセラーとして文章を書く上で、とても気をつけていること

カウンセラーの八馬ゆみです。

私は、カウンセリングは人間関係だと思っています。

そして、人間関係の始まりは、まず出会うことです。

私の場合、クライアントさんと出会う場所が「ブログ」。

(私の場合、集客は100%ブログ&メルマガです)

そして、人は、自分を承認し、受け入れてくれる人を信頼します。

信頼してはじめて、その人の話を受け入れるのです。

つまり、ブログ記事をよんで「この人、私を受け入れてくれる」と思っていただくことが大事ですね。

そこで、私の考える「受け入れる文章の書き方」の「基本のき」をお伝えします。

それは、えっと、簡単すぎて恥ずかしいのですが、「断定した書き方をやめること」なんです。

たとえば、以下の文章を比べてみてください

1:「~べき思考」を手放さないと、幸せになれません。

2:「~べき思考」を手放すほうが、より幸せになれるように思います。


2の方が、うんと表現が柔らかいでしょう?

この柔らかさが「あ、このカウンセラーさんなら、受け入れてもらえそう」につながるんですね^^

「~べき思考」を手放したほうがいいことは、大抵の人はわかっています。

でも、手放せなくて、苦しんでいるのです。

手放せなくて苦しんでいる人は、1の文章を見ると、余計に苦しいんですね。

だから、そういう書き方のカウンセラーには、会いたくないんじゃないかなって思ってしまいます。

「この人は、手放せない私を批判する(受け入れない)に違いない」って考えてしまうのではないかな~って思ってます。

そんなゴカイをされないように、ふんわりふんわり書いてます♪

癒しを天職になさりたい皆様を、心より応援しています。

カウンセラー 八馬ゆみ

★選ばれるカウンセラーになるヒント たくさんお届け♪
「人気の出るカウンセラーになる秘密 」


ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

無料メルマガ

無料メルマガ「人気がでるカウンセラーになる秘密」ご登録はこちらから

名前(必須)
( 漢字の名字だけでOK)

メールアドレス *(必須)

ブログ内検索

Copyright (C) 2014 人気が出るカウンセラーになる秘密 All Rights Reserved.
Go To Top