●「できない言いわけ」したっていいじゃない?

カウンセラーの八馬ゆみです。

フェイスブックで大人気の言葉だそうです^^

知らなかった~

「正範語録」

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差

真剣だと知恵がでる
中途半端だと愚痴が出る
好い加減だと言い訳ばかり

本気でするから大抵のことはできる
本気でするから何でも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる

ただ、私は「好い加減」だと、いい結果が出そうな気がしますけどね^^

でも

「真剣だと知恵が出る」って、激しく同意します。

「どうしてもやりたい」って思うと、ほんと、「どうしたらできるんだろう?」っていろいろ考えて、思考錯誤しますものね。

でも真剣じゃないと、いろんな言いわけばかり思いついて、前に進めない(進まない)。

ところで、「言い訳」したっていいじゃないですか~。

「言いわけしちゃう自分」を認めて、OKを出すことが、まずは第一歩かなと思います。

「あ、私、言いわけしてる。本当はできるけど、今は、やりたくないんだな」でOK。

言いわけしていることに気付かず「自分はできない人間だ」と、ご自分を責めるのもよくないし…

「言いわけばかりするだめな人間だ」と責めるのもよくないし^^

「今はそれをしたくない」って、認めればOKだと思うのですね。

いかがでしょうか?

とにかく自分を責めるのは、よくないですね~

癒しを天職になさりたい皆様を、心より応援しています。

カウンセラー 八馬ゆみ



ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

無料メルマガ

無料メルマガ「人気がでるカウンセラーになる秘密」ご登録はこちらから

名前(必須)
( 漢字の名字だけでOK)

メールアドレス *(必須)

ブログ内検索

Copyright (C) 2013 人気が出るカウンセラーになる秘密 All Rights Reserved.
Go To Top